CASE STUDY

21.01.31 広島タワーマンション F様邸②

こちらの記事は「21.01.31 広島タワーマンション F様邸①」の続きです。

 

LDKのご紹介は終了し、ここからはその他のお部屋のコーディネートについてのお話です。

LDKの隣には来客の方も寛げるような和室があり、そちらからも素敵な眺望が広がっています。

そちらには元々のカーテンレールを撤去して(そういえばLDKも撤去してました笑)和紙素材のプリーツスクリーンに。(LDKにはバーチカルブラインドでさらにスタイリッシュになりました。)

畳は大建工業の和紙畳。
和紙畳ってすごいですよね。い草に慣れてらっしゃる方には「香りが・・」と言われてしまいそうな部分はありますが、ダニ・カビにつよく・変色しにくい、カラーバリエーションも豊富・・!
なんとも画期的ですので、よく一般住宅のお客様にもお勧めしております。

今回は石目タイルのホールからつながる和室空間だったのですが、さらに和室の雰囲気を出したいと思い、照明もイサム・ノグチ氏のAKARIにしました。丸や規則的なタイプのものではなく、不規則なものを。
不規則ながらも美しい形状が、空間の奥行きを生み出しています。

イサム・ノグチ氏の「簡素なものの中に無限の世界を表現する」という哲学がとても素敵だと思ったことと、広島にゆかりがある方ということで採用させていただきました。

ちなみに、広島市内中心部にある「平和大橋」と「西平和大橋」がイサム・ノグチ氏が設計された橋です。ぜひお近くを通られた際はしっかり見てみてください^^
私も大好きな橋です。

また和室に設えた椅子は柏木工のTHE ZENというロッキング座椅子です。
景色を眺めながらゆらゆら1人でゆったりと心地よい時間を過ごすのもいいなと思い、畳を傷つけにくいロッキングタイプをセレクトしました。
座椅子ではあるものの、背をしっかり預けることのできるタイプにしております。

背の格子の部分が特に空間と調和しています。
オークの木材ですが、全体的に重さを感じないところもいいですね^^

次にご紹介するのは書斎。

アーロンチェアがいい佇まいです。

その隣にあるデスクランプはIKEAのオースティードという照明。(お値段的に)いい家具ばっかりかと思いきや、こういったところでバランスをとっております。
このようなファストインテリア的なものを程よく混ぜることで、むしろその物本来が持つ価値よりもお値段以上!の高級感が出るものと思っています。
そして奥のカーテンはグレーのメッシュ素材のものを床ギリギリまで。
すっきりすることで天井高を高く感じられる視覚効果を利用しています。
カーテンは「レース(シアー)の方が大事」と言われるように、今回はレースカーテンのみを持ってきており、UVカットの機能や、生地独特の質感を生かしています。
集合住宅の高層階にお住まいの方はレースだけでも十分なところもありますよ^^(もちろん断熱性能面ではドレープ(厚手の生地)をつけた方がいいですが・・)

ネイビーブルーのクロスがとってもクールな感じだったので、観葉植物とパチリ。
映えますよね・・

お次は寝室。

寝室は入ってすぐのフォーカルポイントに、私の一番お気に入りのチェアを。
WOUL HUTTE/のTou arm chairです。
この異素材の組み合わせとすっきりとしたフォルムがたまりません。
肘掛の部分もレザー仕様、背もたれ部分は籐、座面はウールのファブリック、肘かけの部分を止めるパーツに真鍮が使用されています。
手前側の脚と後部の脚でデザインが違うのも、かつてのイギリスのチェアを踏襲されたのかな?と勝手に思っています。かわいいの一言に尽きると言っても過言ではないです。(個人的な好みですw)

で、本題の寝室は・・。

このような感じになりました。
あまり広さはないのですが、回遊性を持たせたいと思っていたため、ベッドサイズは慎重に選びました。
それと、その両隣にはFLOSのブラケットライトをつけて、手元灯として。
足下に置いているフロアランプ もFLOSの「ROSY ANGELIS」です。
布地が優しい印象をもたらしています。
ちなみにベッドはフレームまで全てSimmonsのものです。

ベッドヘッドはなし、のスタイルですが代わりにボリュームをクッションと枕で持たせました。

クッション生地は初めはカーテン生地の中から選定していただものの、しっくりこないな〜と悩みに悩んでこちらにしてみました。

ファッションでも近年トレンドのペーズリー柄をアクセントに用い、ベージュとゴールドが上品な光沢感のクッションとベッドスローでブラケットの真鍮との親和性をはかりました。

夜間も撮影に入らせていただいたのですが、雰囲気とてもいいですよ^^

 

以上で、F様邸のご紹介は終了とさせていただきます。

前回の記事投稿から6ヶ月と大変お待たせし申し訳ございません・・。

みなさまにお届けできる事例をたくさん増やしていきたいと思っております。

同時にお仕事の依頼も随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

contact@lifethings.info
(↑メールで24時間受け付けております)

今後ともよろしくお願い致します^^

 

ライフシングス 菊池

CASE STUDY一覧へ戻る